自動車学校に関する、いろいろな期限を徹底解説!! 第4週目 ⇒【検定期限編】


指定自動車教習所には、法律で定められた期限が5つあります。
通常【入校】~【卒業】まで、ほとんどの人が期限内に卒業されますので、『知らない。』又は『聞いたけど忘れた』というのが現状です。

それを知らずに、教習を進めると期限ギリギリになって慌てて教習にお越しになったり、場合によっては、期限が過ぎてしまい退所という最悪のパターンも。。。。。
そうならないためにも、ご入校前に是非知っていただきたい教習所の期限について【5週】にわたって連載してまいります。

先ずは、教習所の5つの期限について、ご紹介いたします。

①【教習期限:9ヶ月】
②【修了証明書の有効期限:3ヶ月】
③【仮免許証の有効期限:6ヶ月】
④【検定期限:3ヶ月】
⑤【卒業証明書の有効期限:1年】

第4週目 ⇒【検定期限編】
自動車学校で受験する最後試験と言えば、『卒業検定』です。

受験するためには、普通自動車教習で言えば第二段階の技能教習最終回(規定は19時限目となります。)に行われる『みきわめ』判定(良)が出た日
若しくは、最後の学科教習が受け終わった日のどちらか最新の日から、3か月以内に卒業検定を合格しなけなければなりません。
この検定期限内に卒業検定を合格できなければ、教習期限と同じく『今まで受けていただいた教習が全て無効』となってしまいます。
ちなみに、9か月の教習期限が残っていても、検定期限が期限切れとなると『今まで受けていただいた教習が全て無効』です。

つまり、『教習期限』と『検定期限』は、全く別物なのです。

ここでもう一つ注意してもらいたいのが、『仮免期限』です。これが切れても、卒業検定を受検できません。
「3か月あるから、余裕っしょ!!」と思って、いるとあっという間に期限が過ぎてしまいます。
しかも、複数の期限が絡んできますので、早め早めの受検を、お勧めいたします。
(#^.^#)

今週は、(卒業検定)に関わる期限【検定期限】についてお話しました。
来週は、卒業後に運転免許試験場で受験頂く(学科試験・適性試験)に関わる期限【卒業証明書の有効期限】についてご案内いたします。
お楽しみに!!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

当校HPにて期限関する内容を、常時ご案内しています。
是非ご覧ください。

東福岡自動車学校HP ⇒ ご入校からご卒業までの流れ

23498535_s